俺はかわいそうじゃない

アルコール依存症との戦い

3日目

7時半起床。二度寝せずにベッドから出られる。

テレビを見ながら朝食という習慣にチャレンジしてみるが、どうも朝の番組が煩くてだめ。音楽をかけながら朝食。冷凍ご飯解凍してスープと一緒に掻き込む。

不思議なくらいに飲酒に対する欲求はない。

本来は国際ドローン展見てから都内で打ち合わせの予定だったが、水曜に休んでしまってそれどころではないので、上司に押し付けていつものオフィスへ。

9時半出社。午後から人事面談なので書類作り。今年度の計画について。

午後面談。昨年度でさえ仕事しすぎなのに今年はもっと働くつもりなのかとコメントをいただく。確かに4パラで仕事しながら論文2本特許3本書くのは不可能っぽい。

後輩ちゃんがやる仕事に向けて派遣の人たちの稼働確保とか教育体制の調整とか。管理職の仕事なのではという気もしないでもないが、この手の仕事はできる人がやらないととんでもないことになるので巻き取っておく。代わりに雑用を押し付ける。

月末の某イベントに向けて頑張っている後輩君のサポート。床にα7rIIが転がりまくってるのが感慨深い。テクニカルな仕事はちょっと首を突っ込んだだけでも一気に時間がすぎる。

断酒日記というよりは勤務日記になっている気がする。うーむ。

www.instagram.com

派遣の人たちの歓迎会。ウーロン茶で乗り切る。どうもおっさんがちびちび酒を飲んでるのを見てもそこまで飲酒欲求は刺激されないようだ。逆にTVCM等は非常に刺激されるので、やはり「よくできている」のだろう。

帰宅した後全く眠れる気配なし。セルシンは在庫切れなので気合で寝るしかない。いよいよアルコールに対する渇望がやってくるが、ベッドにインしてやり過ごすしかなさそう。